男性より女性に冷え性の人が多い理由

男性より女性に冷え性の人が多い理由

男性より女性に冷え性の人が多い理由

近年は男性でも体の冷えを訴える方が増えていると言いますが、やはり男女で比較したとき、圧倒的に女性の方が冷え性の人が多いです。

 

慢性的な冷え性は女性特有のトラブルとまで言われていたこともありました。

 

男性よりも女性が冷え性になりやすい理由は、体の作りの違いにあります。まず、ホルモンです。女性は、2種類の女性ホルモンを分泌していて絶妙なバランスを保っています。

 

それが、何らかの原因で崩れることにより自律神経も乱れて体温調整ができなくなり、冷えやすくなります。とくに、妊娠や出産、更年期を境に冷え性になることが多いと言われています。

 

男性より女性に冷え性の人が多い理由

 

日常でも生活習慣が悪いと女性ホルモンが乱れて冷えやすくなり、さらに生理痛や生理不順、PMSの原因にもなります。

 

血管の太さについても、男女で違いがあります。女性の動脈は男性よりもとても細いため、血液のめぐりが悪くなりやすいという特徴があります。そのため、女性は比較的、低血圧にもなりやすいとされています。また、筋肉量の違いも一つの要素です。

 

筋力が少ないと足元から血液を送り返したりするための機能が低下しやすく、結果的に血行が悪くなって冷え性を起こすことがあります。

 

体の作り以外にも要因はあります。たとえば、服装です。まず、女性はブラジャーをつけることである程度体が締め付けられます。

 

そこに加えて、ワンピースやミュールなど、どこからか体を冷やしてしまう服装を好んで着ていると、当然ながら冷えやすくなります。

 

それから、ダイエットをしているときに冷え性を招くこともあります。ダイエット中に食事を制限した結果、栄養バランスが崩れて冷え性を起こします。

 

ダイエットは決して悪いことではありませんが、やり方には注意してください。