更年期障害による冷え性

更年期障害による冷え性

更年期障害による冷え性

若いころは冷え性とは無縁だった人も、更年期を境に冷え性になることがあります。
これは、いわゆる更年期障害の症状の一つです。更年期になると、ホルモンバランスが変かすることで、さまざまな症状が出ます。

 

女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ると、自律神経に悪影響を与えてしまいます。すると、自律神経が乱れて体温調節などの機能が正常に働かなくなります。その結果、体温が上昇して熱っぽさや発汗が増える、のぼせなどの症状もありますし、逆に体が冷えてしまう可能性もあります。

 

ときには手足が冷たいのに、顏だけのぼせるような状態になることもありえます。更年期障害の症状には個人差があり、どのような症状が出るかは人によっても異なります。

 

症状のあらわれ方も違いますが、「更年期だから仕方ない」と我慢するのは体によくありません。

 

冷えは単純に体を冷やすだけでなく、同時に冷えによって眠りが妨げられたり、肩こりや腰痛の原因にもなります。症状がつらいときには婦人科で相談してください。

 

また、反対に冷え性が更年期障害を招くこともあります。招くといっても、更年期の時期の話ですが、もともと冷え性の人は女性ホルモンの分泌が減りやすく、更年期障害の症状が出やすいとも言われています。

 

更年期を迎える前に、生理不順や生理痛、PMS症状などを起こすこともあります。