冷え性と低体温の共通点

冷え性と低体温の共通点

冷え性と低体温の共通点

冷え性と低体温は全くもって別のトラブルですが、共通点はあります。どちらも女性にありがちなトラブルです。

 

そして、どちらも病気の原因になることがあります。

 

冷え性の人が必ずしも低体温とは限りませんが、低体温から冷え性を起こすこともあります。

 

人の体温は平均36.5度とされています。この体温がちょうどいい温度で、血液のめぐりもよく体内の状態が良好であることにつながっています。

 

しかし、36度を下回ると低体温になり、さまざまな影響が起こります。免疫力や基礎代謝、排泄機能などが低下して、さらに自律神経も乱れてやすくなります。

 

もしも免疫力が低下すると、風邪菌など外部のウイルスに負けやすくなり、感染して病気を発症しやすくなります。

 

さらに治りが悪く、症状が悪化することもあります。

 

また、35度前後になるとガン細胞が活性化しやすくなるとも言われています。体温が低いほどに健康への影響が大きくなります。

 

平均体温を維持するように日ごろから心がけましょう。

 

体の冷えは万病の元とも言われているので、早めに対策することに損はひとつもありません。